あなたの前世は何だったと思いますか?

毎年夏になると食欲が逃亡します。 救世主として親戚が送ってくれる桃でなんとか命を繋いでいます。 そして夏と言えば、海・プールの季節でもあります。 でも宮田は一年中プールです。 話せば長くなりますが、 体育の水泳の授業って…

つづきを読む

おべんとうの時間

実家に帰省する時はいつも青い翼を利用します。 毎回楽しみにしているのは機内誌の連載を読むことです。 それをまとめたのがこの本! 全国津々浦々で働く方々のお弁当とインタビューが載っています。 (なかには学生さんっていうのも…

つづきを読む

いいことも、そしてそうでないことも。

あれから9年。 そして阪神・淡路大震災からは25年。 どちらの年もびっくりするほどの暖冬でした。 だからこの冬の暖かさに嫌な予感を感じずにはいられませんでした。 予防するしかないなんて、不安だらけの毎日ですよね。 まこと…

つづきを読む

幸せの青い鳥はやはり・・・

あまり食べないくせに食いしん坊な宮田です。 食指が動いてしまうと「欲しい!」と欲張ってついつい買い置きしてしまうのです。 だから会社でおやつのお裾分けをする際に「はいこれ。もう売ってないけど・・・」と言ってよく佐藤さんに…

つづきを読む

ついに完結!涙なしには語れません!

去年の年末に東京のスターウォーズ展を本気で観に行こうかと考えた宮田です。 SWエピソード9、ついに完結です。 ものすごく観たいけれど、これで終わりかと思うと(スピンオフはまだまだありそうだけど・・・)観たくない気もしてし…

つづきを読む

三度目の正直。

以前はお正月の風物詩としてニュースにも必ず取り上げられていた福袋ですが、最近はすっかり様変わりしてネットで注文、年内配送が主流のようです。 それほど欲しいという訳ではなかったのですが、お得感に釣られてついポチっと・・・ …

つづきを読む

神戸マラソン、悲喜こもごも。

初参加の河島さんの応援をしようと、生まれて初めてマラソンの現場に足を踏み入れました。 テレビの画面ではおなじみですが、それは驚きの世界でした。 折り返しの舞子やゴール地点のポートアイランドは人が多いと聞いたので、駅前がコ…

つづきを読む

繋がることも悪くないよね。

2019年本屋大賞受賞作「そして、バトンは渡された」の著者・瀬尾まいこさんの受賞後第一作目となる「傑作はまだ」という作品を読みました。 おおまかな内容はというと、子どもの時から本ばかり読んで大人になり、そのまま作家になっ…

つづきを読む

「めいたいぴりり。」 明太子といえば〇〇〇

子どもの頃父親の出張といえば博多だったので、お土産はいつもひよこ・にわかせんべい・明太子のどれかでした。 明太子はいつも「ふくや」さんだったので、宮田の頭の中では明太子≠ふくやで刷り込まれて大人になりました。 明太子のル…

つづきを読む

ココロ魅かれるもの。

今まで断然犬派だったのですが、インスタグラムなどで見かけるようになって最近猫にココロ魅かれる宮田です。 猫はきまぐれで超ツンデレだと思い込んでいましたが、犬と同じように飼い主さんに甘えている画像を見るとこちらまでデレデレ…

つづきを読む