2017年本屋大賞「蜜蜂と遠雷」

2018年ではなく、2017年です。 図書館に申し込んでから手元に届くまでに丸々1年以上かかりました。 上下二段の507ページに一瞬たじろぎましたが、読みだしたらあっという間でした。 3年ごとに開催される国際的なピアノコ…

つづきを読む

あなたに読んでほしい「さざなみのよる」

新作が出版されると聞いて、ワクワクして待っていた木皿泉さんの小説。 そこに登場する主人公たちを宮田はほとんど知っていました。 なぜなら2016・2017年のお正月にドラマが放映された「富士ファミリー」の登場人物たちだった…

つづきを読む

SW(スターウォーズ)女子。

「肉食女子」「草食男子」「歴女」「電車男」(古っ!) 巷でよく聞く分類コトバですが、まさか自分がそんな括りに入る日が来るとは思いもしませんでした。 行きつけのお店で映画の話になってまだ「ハン・ソロ」観てないという話になり…

つづきを読む

目が♡になりました

出かけた先で目的もなくふらふらと歩いていて、素敵なものに出会うことがあります。(食いしん坊センサー?) 最近見かけるファーマーズマーケットみたいな一角に、宝石箱のようなお菓子箱のような瓶詰の木箱を発見! 中身はとてもカラ…

つづきを読む

いっとかなあかん神戸

20180616

「っそぉっつかなぁ…」とつぶやきながら手に取ったこの本、空腹時に開いては危険です。 神戸に住み始めてウン十年、名前はもちろん知っているけれども行けていないお店のあること、あること。 本の中に数多く登場する震災でなくなって…

つづきを読む

怖いもの見たさってありますか?

Gのかかる絶叫マシーンには乗れません。 お化け屋敷にも行きませんし、ホラー映画も見ません。 そんな超怖がりが怖いもの見たさを我慢できないものがひとつだけあります。 中山七里さんの本はハッピーエンドが来ないことがわかってい…

つづきを読む

エレノア・オリファントは今日も元気です

いつもの本屋パトロールで見つけた本です。 表紙のブルーが綺麗だったのと可愛らしいイラストに魅かれたのですが、 帯書きを読んで「呼ばれたな」と思いました。 主人公は会社で経理の仕事をしているエレノア。 どこにでもいそうな女…

つづきを読む

大人のおとぎ話はお好きですか?

映画はたまに観に行きます。 スターウォーズ以外にも。 話題作は必ず押さえるタイプではありませんが、ここ数年アカデミー受賞作は何かしら観ている気がします。 「ラ・ラ・ランド」、「セッション」… ノミネートされる前から気にな…

つづきを読む

三寒四温

20180312-2

この言葉がぴったりの季節になりました。 日々の温度差に着るものに困る毎日ですね。 そんななか珍しく串カツなるものを食べに行きました。 「えっ、ガッツリ系?」と驚かれそうですがたまに行くお店の系列ということでチャレンジして…

つづきを読む

スターウォーズ 〜最後のジェダイ〜

にゃ〜にゃ〜にゃ〜、にゃぁにゃぁにゃ〜 これを正しい音程で口づさめたあなた! あなたは立派なスターウォーズファンです。 2年ぶりの続編をついに観てきました。(2回) 前作では新しい登場人物として黒人のフィンが物語のカギを…

つづきを読む